ぴいの手しごと・家しごと

ぴいのお家での徒然なる日々を綴ります。

むか〜し、昔

特別お題「心温まるマナーの話」by JR西日本
http://blog.hatena.ne.jp/-/campaign/jrwest

むか〜し、昔

今のように駅のホームにエスカレーターもエレベーターが無かった頃

子供と一緒に電車でお出かけしようと思うと

立ちはだかる駅の長〜い階段

我が子をベビーカーに乗せたまま

ベビーカーを持ち上げ階段を登る私

母は力持ちでないと子供と二人、電車に乗れなかった。

時々、階段を登ったり、降りたりする時に

「お手伝いしましょうか?」

と声をかけられることがあった。

大概、大学生くらいの若い男の人

そんな時はありがたく手伝っていただいた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

駅のホームにエスカレーターができた頃

階段の下に、子供連れ親子

一人はbaby、一人は多分2〜3才児

お母さんはベビーカーを押しながら、

エスカレーターに乗る

一人でエスカレーターに乗れず、

自分から離れていく母を見上げながら

今生の別れのように大声で泣き叫ぶ子供

そこへ通りかかった私

「一緒にエスカレーターに乗ってお母さんはの所に行こうか?」

と言っても、パニック状態の子供は聞く耳持たず泣き続け...

結局、お母さんがベビーカーを階段の上に放置したまま階下に降りてきて、感動の親子の再会

二人で手を繋いでエスカレーターで登って行きました

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

エレベーターができた今

ベビーカーと子供連れでも出かけやすくなりました。

お母さんは力持ちでなくても電車で出かけられるようになりました。

しかし、これまで駅の階段で起こっていた心温まる光景が見られなくなるかもしれません。

いえ、いえ

そのような光景が見られない方が

お母さんが苦労する必要がない方が

本当は良い事なのです。