ぴいの手しごと・家しごと

ぴいのお家での徒然なる日々を綴ります。

ドレスデンプレート30〜ベッドカバーへの道〜

ここしばらく、修行僧のようにSewing machineのSashikoさんで落としミシンに励んでおりました。が、既にこの工程は終了し密かに次の段階に進んでいます。

 

p1shaus.hatenablog.com

 

 

今は ” 手縫いでキルティング ” の段階に入っています。

何と言っても手縫いですから、縫うのに自ずと時間がかかる。

しかも私の制作スタイルは

” 風の吹くまま、気の向くままに... ”

 というわけで、ここからは亀の歩みで制作を進めることになります。

 

まず最初に

死ぬまでに、いつか行ってみたい街  " Los Angeles  " 

という文字を強調、縁取りしてみました。

 

f:id:P1sHaus:20160922130110j:image

「 キャー、月並みだわ‼︎    お恥ずかしい f^_^;) 」

 

このまま記事を終了するとあまりにも寂しいので、私の愛用のキルティングのお道具を紹介しようと思います。

 

f:id:P1sHaus:20160922133203j:image

フープ

2つの輪っかの間に布を挟んでキルティングがしやすいように布をピン!と張るために使います。

f:id:P1sHaus:20160922171106j:image

clover製の直径約40cm

 

f:id:P1sHaus:20160922133051j:image

指ぬき・針・針山・糸

和ばさみ

 

指ぬき

下の部分がシリコン製なので指にあたっても跡がつきにくく、痛くなりにくいので、今ではこればかり使っています。これもclover製

 

縫うのにもやはりその人のクセがあるのでしょうね。私はこの針が太さも針通りも良いので好きです。

f:id:P1sHaus:20160922135027j:image

 

針山

ペットボトルの蓋を使って手作りしました。

ペットボトルの蓋で作った針山、ハンドメイド展などでよく手作り品として売られています。beadsで縁取られていたり、指にはめられるようにゴムが付いていたり、いろいろ見かけますが、やっぱり ” 自分の好みで作った自分のが1番カワイイ ” と感じます。( 本当に自己中ですいません。)

このペットボトルの蓋で作った針山、蓋だけに針が下まで貫通する事もないし、小さいので針が針山の中に埋没する事がないので使い心地はvery very goodです。

皆様も自分の好みの布とデザインで作ってみてはいかがでしょう。あまり時間をかけずに出来上がるので針休めとしてオススメです!

 

キルティング

私はやっぱり滑りが良いのでDual Dutyが好きです。

f:id:P1sHaus:20160922135720j:image

このDual Dutyの糸ですがミシン糸としても使えるらしいです。私はミシン糸として使ったことはありません、残念ながら...。 

 

私の手縫い糸コレクションです。ほとんどがDual Dutyです。

f:id:P1sHaus:20160922135727j:image

 

和ばさみ

このハサミ、年代物です。

何と言っても私の兄が小学校で使っていた裁縫セットの中に入っていた1品です。

その裁縫セットのお下がりを私が小5で譲り受け、今も現役使用中なのですから!。

何年使っているかなんて、大きな声では言えませんが...小さな声でも...やっぱり言えない!

皆様の想像にお任せしましょう。

 

こうして 針休めとして記事を書くのはキルティングの合間の良い気分転換になります。