ぴいの手しごと・家しごと

ぴいのお家での徒然なる日々を綴ります。

ドレスデンプレート31〜ベッドカバーへの道〜

 今日は久しぶりにキルトのお話 

 ドレスデンプレート30を書いたのが9月22日なので約1ヶ月ぶりです。

 随分と涼しくなって来たのでお裁縫をするには良い季節になってきたと感じています。

 フープにキルトを挟んでキルティングをしていると、ひざ掛けをかけているのと同じ状態になるので夏場は暑くて辛いのです。だからと言って今まで決してキルトづくりをサボっていたわけではありません。毎日チクチクと縫い進めていました。ただ、ベットカバー1枚分のキルティングはあまりに地道で、気が遠くなる様な作業な為、進展が見られないし、写真映えしないしで記事を書く気力も衰えておりました。

 私の場合、キルティングのデザインも行き当たりばったりで決めていくのですが、縫い進めながら

「次はのデザインはどうしよう?」

とか

キルティングする糸の色はどうする?」

などと考えている時間が以外と好きだったりします。

「来年の4月までには仕上げたいなぁ」

と漠然と考えつつ、すでに次のキルトのイメージも固まりつつあります。作りたいものばかりで時間がなくて困ってしまいます。

 しかも作りたいものはキルトにとどまらず

「冬はやっぱり編み物でしょ!」

という訳ではないのですが、素敵な毛糸を見つけたら居ても立っても居られなず帽子とスヌードをお揃いの糸で編もうと2玉買ってしまいました。こちらは寒くなる前に編み上げようと思っています。

   

f:id:P1sHaus:20161018225018j:image

 

p1shaus.hatenablog.com