ぴいの手しごと・家しごと

ぴいのお家での徒然なる日々を綴ります。

手芸家・下田直子さんの37冊目の本、「手芸のイデー」が発売になりました!

心待ちにしていた下田直子さんの新しい本「手芸のイデー」が2月28日に発売されました。

 手芸家・下田直子さんの37冊目の本になるそうです。

そのうち私が持っているのは、この本の他に3冊

まあ、それはさておき...

 

1/6~14 下田直子 ハンドクラフトと新刊『手芸のイデー』プレミア展+ワークショップ in CRAFTING ART GALLERY 開催!(東京)

 

の記事を見て、

 

「行きたい! 」

「この目で下田直子さんの作品を見て見たい!」

「ワークショップに参加してみたい!」

 

とは思ったもの.....

 

「流石に東京までは行けない。」

 

というわけで発売をとても、とても楽しみにしていたのです。

 

中身はというと...

間違いなく下田直子さんWorldが広がっています。

 

ビーズ刺繍、リボン刺繍、スモッキング、ビーズ編みなどなど

私にはレベルが高すぎて、なかなか真似できませんが、作り方もちゃんと載っています。

 

その中で私が作ってみたいと思った作品は、“ ビーズボールチャーム ”

 

ビーズボールは作れそうだけど、一緒に使う大玉ビーズ、気にいるものが手に入るかどうか????

地方に住んでいると こういうものは手に入れるのが難しいのです。

ネット・ショップを利用すればいいのかもしれませんが、

やっぱり写真では質感や大きさを判断しかねます。

しかも少量でと送料の方が高かったりしてね!

気に入った色でビーズボールを作っておいて、大玉ビーズは気に入った物を見つけた時に買い集めると行ったスタンスで製作しようと思います。

 

それにビーズ編みのがま口

特にシマシマ模様の作品に惹かれました。

 

実際に、がま口を使うことはほとんどありません!

けれども、なぜか好きで編んでしまうのです。

見ているだけで可愛い!

 f:id:P1sHaus:20180304235914j:image

もちろん本を見ながら編むのですが、材料は身近で手に入るもので代用してしまうので仕上がりはイマイチ!

まあ、自分で眺めて楽しむだけなので全然問題ありません!

作ることが楽しいのですから!

今まで自分で作ったビーズ編みのがま口は単色のものばかり、

シマシマ模様となると、ビーズの数をちゃんと数えないと....

想像するだけで、気が遠くなりそうです。

ステキな物を作るにはやっぱりそれなりの苦労しないとね!

 

それから気になっているのが同じがま口でもスパンコールを使ったもの!

スパンコールの穴に糸を通してから編むのだと思うのですが、

掲載写真のように綺麗にスパンコールが並ぶのか疑問です。

疑問を晴らすために、そのうちチャレンジしてみたいと思います。

 

手芸家 下田直子さんの ”  大好き!”  

私の ”  大好き!”  

と一緒でよかった!

しばらくはこの本を眺めて楽しめそうです。